マクロビオティック料理教室・イベント日程

☆11月のマクロビ料理教室日程
11月のマクロビ教室の日程をご覧いただけます。
☆11月料理教室日程はこちら
最新のご予約状況
11月開催のマクロビオティック料理教室について最新のご予約状況を、ご確認いただけます。

食事で美肌になる方法♪~過食を防ぐティータイム~

♪マクロビオティックで美人になる♪
食事で美肌になる方法

美肌になるための食事のポイントのひとつは「小食にする」
小食。。。つまり適量、腹八分目ですね♪

その理由の詳しいお話について
①消化吸収の余計な負担がかからないから、はこちら☆
②小食にすると、体内の老廃物が減るから、はこちら☆

この2つの理由を読んだら。
さぁ!今日から食べ過ぎを止めて、健康的な美肌をめざすぞ!

っと思っても、なかなかそうはできないのが辛いところです。
食べ過ぎを防ぐ良い方法はないでしょうか?


マクロビハーブティー

私も、もともと食べるのが大~好きです。
食べ過ぎないための工夫は、永遠のテーマになっています。
その中で、私がこれは効果的♪
っと思った方法をご紹介したいと思います。それは。。。

~美味しくちょっと贅沢なお茶を楽しむ~

これは、本当に無理なく過食を防止できると思います。
ポイントは、ちょっと贅沢☆っというところ♪
そしてもちろん、お気に入りの香り、味のもので。
更に、お気に入りのポット&カップも。

食べ過ぎてしまうタイミングとして多いのは
・お腹はいっぱいだけど、テーブルにお料理があるとつい。
・食後に、ちょっと甘いものがつまみたくなってしまう。
・時間があると、間食をついいっぱいしてしまう。
このような時だと思います。

そんな時、ちょっと贅沢なお茶の出番です☆彡

♪ちょっと贅沢ティータイムの効果♪
・贅沢なものなので、楽しみつつ味わって時間をかけ、大事にいただきます。
・そして、心も満足して豊かな気持ちになります。
・水分が入ることで、一気にお腹が膨らんで、満腹感も得られます。

と、こんな素敵な効果があります。
ちょっとしゆったりした、「綺麗になる時間」として楽しめますよ☆
 

    注意点としましては

  • ・コーヒーや濃い玉露などのカフェインが強いものは、陰性が強い飲み物です。
     冷え症の方は、カフェインの多いものは控えましょう。
  • ・いくらお茶でも、量をあまり摂りすぎると消化の妨げになります。
      特に食事中、前後は大量に飲み過ぎないようにしてください。

私が今までで1番贅沢な気持ちになったお茶は、ローズティーです。
香りも甘く満足感も、そして姫気分も味わえます♪
あなたのお気に入りのお茶は、何ですか??
 

毎日の美味しいごはんで中から綺麗に

M-0143

♪マクロビ管理栄養士 松崎恭子♪




★レッスンのご案内はこちらから★

→マクロビ美人食レッスン11月日程のご案内

⇒★その他お問い合わせはこちらから★

 

26年5月庭のバラ2

★マクロビでインナービューティーを叶える★

○:*.★10日間の無料メルマガ講座★.:*○


マクロビとは?中からキレイになるごはんの実践法は?が分かる!
10日間のメルマガ講座です♪
簡単マクロビレシピ&今日すぐに始められるキレイのポイントも!
メルマガ登録はこちらのフォームから★

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/yasukotouka/macrobicooking.net/public_html/wp-content/themes/refinepro/single.php:54 Stack trace: #0 /home/yasukotouka/macrobicooking.net/public_html/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/yasukotouka/macrobicooking.net/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/yasukotou...') #2 /home/yasukotouka/macrobicooking.net/public_html/index.php(22): require('/home/yasukotou...') #3 {main} thrown in /home/yasukotouka/macrobicooking.net/public_html/wp-content/themes/refinepro/single.php on line 54